東京スカイツリーはかなりの評判を呼んでおり、テレビや雑誌などでその様子を確かめたことがある人も多いのではないでしょうか。

634メートルの高さになっており、東京都墨田区の押上に新しくできた人気のスポットですが、本来の姿は電波塔です。

なにゆえにスカイツリーが好評を博しているのかというと、展望台から見ることができる景色の他、建物周辺には観光客に魅力的な商業施設などが複数あるからです。

工事が始まったのは2008年で、2012年にオープンされ、その周辺に行けば色々とショッピングできたり、暇を潰すことができるでしょう。

都内にある電波塔というと東京タワーとされていましたが、東京タワーよりも高い超高層ビルが多く立ち並ぶようになってからは、中には電波がしっかり届かない場所ができるということが起きるようになりました。

こちらのトラブルをなくすためにスカイツリーが建設され、電波塔としてたいへん大きな働きを担っています。

隣接された観光スポットも多くあるのですが、電波塔の内部にもたくさんの施設が用意されており、展望台に加えて、レストランやカフェも満喫できるでしょう。

日本人の観光客に限らず外国からの観光客もたくさんいるので、土日や祝日は一層の混雑を覚悟しておきましょう。

入場するには、大人一人の代金が第一展望台までが2000円、第二展望台への入場は1000円多く取られる形になります。

入場券の中にも当日券や日時指定券など複数の種類が存在しますので、事前に購入することを検討している人はどんなタイプが選べるかチェックすると良いでしょう。